teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


音楽と子ども

 投稿者:星野  投稿日:2012年11月 5日(月)15時00分37秒
  情操教育の一環としてすてきな音楽を聴いたりあるいは演奏したりすることはとても効果のあることなのでしょうか。先駆的実践者としてレクチャーいただけたら幸いです。  
 

演奏会のお知らせ

 投稿者:近畿大学吹奏楽部  投稿日:2012年 4月29日(日)19時08分8秒
  この場を借りて演奏会のお知らせをさせ て頂きます。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ ※※※※ 第2回東日本大震災チャリティーコンサ ート~吹奏楽で広げよう支援の輪~ 昨年、東北・東関東地方を襲った巨大 地震の犠牲になられた方々のご冥福をお 祈り申し上げますと共に、被災された皆 様、並びにご家族の方々に対しまして心 よりお祈り申し上げます。 さて、今回も昨年に引き続き、様々な 地域の中学・高校・大学の吹奏楽団体が 集まり、震災の被害に遭われた吹奏楽の 仲間を支援しようという志の元、こちら の演奏会を開催することとなりました。 当コンサートでは、義援金を募り、全日本吹奏楽連盟が開設している救済・義援 金受付口座に寄付し、被害を受けた吹奏 楽団体の楽器、楽譜の購入等の支援活動 に充てていただければと考えています。 また、被災地の吹奏楽仲間にメッセージ を込めたコンサート中継をインターネッ ト発信します。下記のURLから閲覧頂け ます。 【USTREAM】http://www.ustream.tv/ch annel/suisoushien/ 【KODUS】http://www.kudos.kindai.ac.j p 【Stickam】http://www.stickam.jp/profi le/suisoushien/ 閲覧可能環境 【USTREAM】 PC、スマートフォン(@OS4.0以降/A ndroid2.1以降)タブレット端末(@OS 4.1以降/Android3.0以降)、ビエラ(T V)【Stickam】 PC、スマートフォン(@OS3.1.3以降 /Android1.6以降)タブレット端末(ス マートフォン同様) 【日時】平成24年5月4日(金・祝) 【時間】開場12:30 開演13:00 【場所】近畿大学内11月ホール 【出演団体】(五十音順) 大阪学芸高等学校吹奏楽部 大阪国際滝井高等学校吹奏楽部 大阪信愛女学院高等学校吹奏楽部 大阪朝鮮高級学校吹奏楽部 大阪府立東淀川高等学校吹奏楽部 近畿大学吹奏楽部 近畿大学吹奏楽部OB・OG吹奏楽団 近畿大学附属新宮高等学校・中学校吹奏近畿大学附属高等学校吹奏楽部 近畿大学附属中学校吹奏楽部 精華高等学校吹奏楽部 興國高等学校吹奏楽部 東大阪市立石切中学校吹奏楽部 東大阪市立盾津東中学校吹奏楽部 東大阪市立玉川中学校吹奏楽部 東大阪市立縄手北中学校吹奏楽部 東大阪市立枚岡中学校吹奏楽部 【合同企画】 合同演奏/合唱「Bilieve」 【入場料】 入場無料(整理券不要・入退場自由) 【お問い合わせ】 近畿大学吹奏楽部 TEL(直通)/FAX 06-6721-9260【URL】http://www.d1.dion.ne.jp/~ki nsui/ ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ ※※※※ ※管理人様へ 突然の書き込み失礼しました。 この書き込みが不適切である場合、お手 数ですが削除をお願いします。  

平成24年度新入園児募集がはじまりました。みんなあそぼう!まってるよ!

 投稿者:hibari  投稿日:2011年 9月 3日(土)11時59分59秒
  未曾有の大震災、津波、原発と福島県は致命的な被害を受け、まだ、収束のない不安のつきまとう生活を余儀なくされています。

私達保育者は特に、未来を担う輝ける子ども達を、健全に育て送らなければなりません。
放射能をそして災害を正しく理解し、力強く生きる力を育まなければなりません。
子ども達も震災、原発を子どもながらに受け止め、自然災害、原発事故を「自然の中で生きるということは」感じ、「自然と共に生きる」学びを気づき、見つけていって欲しいと思っています。

見えない放射能、過去の事例も少ない中で、子どもの遊びに外遊びは必要不可欠です。
子ども達は、室内に閉じ込めておけば、当然フラストレーションは蓄積し、情緒不安、乱暴粗雑な行動をするようになります。
少ない放射線量に安心、安全は言えない中で、リスクを抱え、幼児教育にかかわる諸先生方は、外遊び、砂遊びの必要性は絶対的に必要と考えています。
身体を大きく動かし体力増進と発散、動と静のめりはりは情緒の安定にも必要不可欠です。
そして、夏休みを終え、帰省、一時避難していた子ども達も含め、子ども達がともに顔を見合わせ、元気に遊ぶ様は、やはり、子ども達には子ども達同士が一番と強く感じた瞬間でした。

当園は、子どもの安心、安全環境づくりに、より少ない放射線量と表土の入れ替えをと5月、8月と2度行いました。
園で受ける放射線量、帰ってから受ける放射線量、園のお休み時に家で受ける放射線量を年間計算し、保護者様にお知らせ致しました。
表土除去する前の手付けずのデータで園内各所最大値で計算し、園で受ける年間放射線量は600,6マイクロシーベルトで1ミリシーベルトより低く切っていました。その後表土除去してありますので、それ以下になっており、今2度目の除去をしているところですのでもっと下がっていることと思います。建物除染、表土入れ替え終了致しましたら、再度線量を計測し、年間積算量をお知らせしたいと思います。

引き続き、安心、安全、子どもの望ましい環境作りを目指します。

新年度園児募集に当たり、また元気な子ども達の声が青空の下、谷間に響き渡りますよう願ってやみません。
 

安全ですとは言えない中で

 投稿者:hibari  投稿日:2011年 8月 8日(月)23時07分43秒
  しばらく、間があきました。
一度は閉園まで考えた状況から旭台団地避難区域の一部見直しがなされ南向台から旭台に6月より戻ってきました。
6月戻りに際し園庭の表土入れ替え、砂場砂入れ替えをし放射線量の軽減をはかりました。
しかし、小さな小さな幼児園には行政の補助が様々な規制を受け届きにくい状況にあります。
連日関係各位を回り矛盾をぶつけています。

1.国が安全ですと言った幼児園の場所の市長の避難指示、そのために開園出来なかった状況。
2.その状況から借り上げた仮住まい兼仮り施設の借り上げ住宅の適応無し、自己負担。
3.表土入れ替えの補助無し自己負担。状況に拘わらず先にやったものには補助は出ませんと市の辺
  事。7月市からの案内後は補助有り。
4.原発、放射線収束が見えない不安からの避難、転居による県内の幼児教育の環境悪化。
 その他様々な被災対策が後手後手対応、市が、県が、国や東電に物申していますが、結局、市も県も住民には同じ対応。
 そのようなやり取りでもう夏休みになってしまいました。この期間を利用して随分作業もはかどりました。

 一番の課題は子ども達に安心、安全な幼児に望ましい環境を用意することです。

当園も、放射線量の園と家庭で受ける線量を時間、一日、年間で積算しご報告致しました。園内、最大値で計算し、園内で受ける線量は条件を満たした中での外遊び1時間を含む一年間で1ミリシーベルトを切る600.6マイクロシーベルトでした。でも、これが安心、安全ですと言い切れない所に辛さがあります。
線量の比較的低い室内レベル同等、もしくは以下の外遊び場所であるならば精神衛生上、量りにかけ思いっきり遊ばせる、発散させる大切さを感じています。実際、実践しています。

今後も、未来を担う子ども達にはこの未曾有の災害に際し、新たな時代を切り開く力強い精神力と、人を思いやる心と絆を感じ取ってもらいたいなと思ってやみません。
 

仮施設・南向台集会所にて開園

 投稿者:hibari  投稿日:2011年 4月20日(水)20時51分15秒
  当ひばり音楽幼児園の所在するあさひ台は内陸最大の地震災害地となりました。
幸い当園、敷地、建物ともに被害は無く、中の書物関係が崩れ落ちただけでした。

しかし、崖崩れの団地として西側全部が避難区域と指定され避難を余儀なくされました。
多くの皆様には避難所へ御見舞い、差し入れなど頂きまして有難う御座いました。

それからが大変でした。園が避難区域と指定され開園出来なくなったからです。
毎日、市、県、国土交通省へ連日避難区域の見直し要望に参りましたが全ては、避難区域だから手が出せないの一言でした。いまだにライフライン(水道、下水)も復旧していないのです。
マスコミにも崖崩れの地盤の問題を説き、崩れた所は盛り土、他はもともとの山で地盤は安全を訴え避難区域の見直しをしてもらおうと取り上げて頂きました。

幼児園の代替え施設これを探すのも並大抵ではありませんでした。
市、県にお願いした施設はすべて却下でした。文部科学省管轄、厚生労働省管轄という枠組みも災いしました。やむなく閉園も考えなければなりませんでした。

その時、市内南向台にある新集会所で年度変わりの総会が持たれ、出席した当園保護者様から旧集会所の空き話が出、南向台自治会長様方の暖かいお心差しで避難解除までお借りできることになったのです。ここにも手続き上、建物の用途変更という手間のかかる国への書類作成手続きがありましたが、夜、電話がありました。超法規が働いたのです。
「避難解除まででしょうから一切の手続きはいらない」とのことでした。
役所も枠組み内で進むには未曾有の震災で多くの問題が追いつかないことにぶちあたっていたのでしょう。

そういうことで、4月9日(土)修了式、11日入園式を迎えられたのです。
急な引越し、保護者様、地域の皆様にお手伝い頂き有難う御座いました。
避難と仮施設探しを入園式近くまでしていましたので新学期の準備もあわただしく、まだまだ落ち着きません。

原発も先が見えず、乳児は免疫が無く幼児も免疫が少ないことを考えると外遊びが制約され、体力の発散などにも配慮が必要になります。
保護者の皆様方にも代替え施設での送迎などご不自由をお掛けし申し訳御座いません。

原発は一日も早い収束を望むばかりです。
そして、あさひ台の園庭に元気なみんなの声がこだまするのを一日も早く願ってやみません。
 

ひばりのみなさまへ

 投稿者:かおりせんせい  投稿日:2011年 4月 3日(日)00時34分50秒
  みなさま、おげんきですか?
わたしたちはひばりのみんながだいすきです。おおきくなってもみんなのえがおがいつまでもつづくように、ほごしゃのかたへおねがいです。

どうか、かわいいおこさまがたを原発事故からまもってください!

わたしたちはほごしゃのかたにおねがいするしかございません。

保護者様
中部大学、武田邦彦さんのURLをご覧下さいますよう お願い申し上げます。

武田邦彦さんHP特設の2でこの度、教育関係者に対するお言葉がUPされた為、お知らせする決意をかためました。

私たちは本当の親ではありませんが、本当にみんなのことが大好き━━━ただ素直に守りたい。
それだけです。


   ひばり音楽幼児園児
   2011年4月3日(日)0:33


http://portable.blog.ocn.ne.jp/t/typecast/171340/175313/category/11645548

 

震災お見舞いとお知らせ

 投稿者:hibari・ひばり音楽幼児園  投稿日:2011年 3月21日(月)10時37分6秒
  平成23年3月11日の三陸沖地震に始まる津波、原発災害に起きましては、未曾有の被害が出ております。
被害にあわれた皆々様には心よりお見舞い申し上げます。
原発、余震共まだまだ収まるところが見えず、安心安全は先の予想が付きません。

当ひばり音楽幼児園におきましては地震による災害地として避難勧告を受け、蓬莱小学校に避難しております。
地域の皆様、園児保護者様におかれましても原発の関係上地元を離れ避難される方も増えつつあります。

震災がおきてから、急遽PTA会長さんとその後の打ち合わせをし、役員の皆様より連絡網などを通してお知らせ致しました通りですが、ここにこの後の情報連絡の方法のひとつとしてご案内致しますので、ご利用下さい。

地震の起きた時からの案内をお知らせ致します。

平成23年3月11日(金)14:46地震
   ・バス残り園児乗車3名無事自宅送迎、延長保育児2名避難(内1名保護者迎え、1名自宅送り、園舎、土地被害無し、棚関係絵本・紙芝居崩れ落ち)

決定事項ご案内

  (NO1・3月12日(土))
   ・3月14日(月)臨時休園
   ・3月15日(火)臨時休園

  (NO2・3月14日(月)
   ・3月16日(水)~3月18日(金)休園(修了式延期・開催は今後の状況と役員会待ち)
   ・平成23年度入園式に付きましても原発を含む状況と役員会待ち
                         以上

個人の連絡を含みこのBBSをご利用下さい。
                ひばり音楽幼児園 園長 吉田久雄

 

盛況、バザー御礼

 投稿者:hibari  投稿日:2009年 6月 7日(日)09時09分53秒
  昨日、ひばり音楽幼児園父母参観日の後、PTA主催のバザーがありました。
あいにくのお天気でしたが、PTAの皆さんを始め、OBPTAの皆さん、お隣ご近所、又、市内より問い合わせて、おいで頂いた多くの皆様、御協力有難う御座いました。
お子さまも、楽しいお買い物を、そして、値切っての交渉を、又、おいしい屋台のやきそば、玉こん、わたがし、アイスも大好評でした。
みんなの笑顔があちこちで満ち満ちて、今年も大成功に終える事が出来ました。
そして、収益金の御寄付を頂き有難う御座いました。
お子さま達に、有用に活用させて頂きたいと思います。
有難う御座いました。
 

6月6日(土)父・母参観日9:30~、PTA主催バザー10:30~

 投稿者:hibari  投稿日:2009年 5月31日(日)11時00分44秒
  早いもので、入園後、早くも2ヶ月が過ぎました。
お子さま達も、自分を主張し、又、譲り合う事も覚え、友達との遊びを楽しんでいます。

6月6日(土)は初めての保育参観日。
お子さま達が普段どのように幼児園活動をしているかお父さん、お母さん方は気になる所。
お家の方が見えて張り切る子。
甘えて、いつもの元気な姿が出ず、母親の元を離れられない子。
お父さん、お母さん、心配なさらないで。いつも、元気に遊んでいますからね。
でも、少し、お子さまの自立と、お母さまの子離れ(べったりにしない)も意識してみて下さいね。

参観後はPTA主催のバザー。10:30スタート・・・売り切りおしまい。
盛り沢山の品々が格安にて、販売されます。
焼きそば、わたがし、フランクフルト、玉こんにゃくなどの屋台、ゲームコーナーなど
盛り沢山のお楽しみ企画がてんこもり。
どうぞ、皆様、御近所、お友だちお誘い合わせの上、遊びに来て下さい。
 

新しいお友だち

 投稿者:hibari  投稿日:2009年 4月12日(日)10時31分55秒
  平成21年度が始まりました。

にぎやかな子どもたちの声。
初めて尽くし、ここから新たな一年が始まります。

はじめて、親元を離れて集団の中、
うれしくて、さっそくお友だちとげんきに遊ぶ子、
不安をいだき、大泣きする子。

あつまれってなあに?みんなってなあに?
ひとつひとつ丁寧に、くり返しくり返し、
そして、だんだん不安が消えて・・・。

心配なおとうさま方、おかあさま方、ここは試練の一段階。
おともだちとあそぶことが、そしてぶつかることも、楽しく、又、自分とちがう人を認識する意味でも、お子さまが小さな社会を体験していきます。

子どもの自立は、親離れ。おとうさま、おかあさまの子離れは、互いの自立を認めること。
おこさまを取り巻き、ご家庭、園、みんなで共に育つ、共育。
みなさま、幼児園活動を皆で楽しみましょう。
 

レンタル掲示板
/9