teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


読みたい心に火をつけろ!

 投稿者:chaka  投稿日:2017年 7月20日(木)22時00分25秒
  みいちゃんさん,紹介して頂いてありがとうございます。
e-honでも見たけどおもしろそう!明日から夏休みなので
持ち帰りの仕事を減らして読書しようと思います。
司書の<専任・専門・正規>の必要性,もっと前に進めていきたいですね。

日本図書館協会(JLA)の図書館基礎講座in九州の案内を頂きました。
この問題についても深く学べそうです。
研修会のページをクリックしてね。
 
 

おススメ「読みたい心に火をつけろ!」

 投稿者:みいちゃん  投稿日:2017年 7月16日(日)15時09分31秒
  入道雲がムクムク、蒸し暑い毎日です。お元気ですか。

 今日は6月に岩波ジュニア新書で出た素敵な1冊を紹介します。
著者は埼玉県立高校のベテラン学校司書、木下通子(ミチコ)さん。
生徒とのかかわりを中心に分かり易い言葉で、学校司書の仕事を綴って
います。かつて同じ職にありながら、自分の学校司書像をうまく他者に
伝えられずもどかしい思いをした私には、ワカルワカル、そうよね、
活字が頭の中でドンドン映像化していくようでした。
以下、本文から一部抜粋します。

 「生徒たちとおしゃべりしながら本を紹介していくことが学校司書の
  醍醐味の一つ、本と人をつなぐことが私たちの仕事…」
 「生徒の関心や読書体験の度合いによって、紹介する本を変えています。
  それは最初の一歩が、つぎにつながるようにするためです。」
 「司書は暇そうにみえるくらいがちょうどいい…」
 「やりとりをしていると、何を知りたくて、何がわからないのか、
  疑問や自分の考えが明確になって、次第に必要な本もはっきり
  してきます。それから本棚の前で関連の本を紹介します。」
 「…本は、心を助けてくれる…」
 「先生に、本のことなら図書館へ!と思っていただけると、授業で
  図書館を活用してもらうハードルが下がります。…県立図書館か
  らも借りる手配をしました…先生が書店に行って本を見るだけだと
  新しい本としか出会えませんが、図書館には過去に出版された本でも
  授業に役立つ本がたくさんあります。…」
 「図書館の根幹は蔵書の質にかかっています。…高校生が読んでみたい
  本がどれくらいあるか、手に取ってもらえる本がどれくらいあるか、
  さらには授業で使える本がどれくらいあるかが重要になってきます。」

 ≪学校司書≫が法制化される前後から、授業に役立つ学校図書館及び司書や
情報収集・発信のための技法習得ばかりが強調され過ぎている違和感が、
私にはありました。学校図書館も図書館です。そこに働く司書は、いつでも
利用者が使いやすいように図書館を整え、時にアドバイスし、資料とそれを
求める人を結びつけることに腐心するのが第一の仕事と思います。

 現在の学校司書の多くが、非正規で長期雇用の保障がなく、複数校兼務や
短時間勤務で校内の先生方とさえ十分な連携が取れない現状では、木下さん
のような仕事ぶりは難しいでしょう。しかし、逆に言えば≪学校司書≫が
なぜ、<専任・専門・正規>を必要とするのか、利用者と資料を知らなければ
十分な仕事ができない、等を他者を説得する際の事例が詰まっています。

 とにかく、納得の言葉がいっぱいです。、第1章「何かお探しですか?」
だけでも是非お読みください。中学校・高校図書館なら蔵書にしてもいい
と思いますよ。進路を考える本として…。




 

職員室の多忙な事情・・・

 投稿者:chaka  投稿日:2017年 7月15日(土)14時49分32秒
  SLAのホームページに,前回,前々回までの大会報告も載せてもらって
わーっ,この研究会勉強になりそうだから参加してみよう!
って,なるかなと思ったのでちょっと残念。
でも,今年の大会後にはアップさせてもらえるよう猛pushしようと思います。
学校司書のみなさん,文書が回ってきていないのは
先生方の意地悪ではないのです。許してね。
そして,ぜひこのホームページを紹介してくださいね。


学校関係者以外の皆様へ

学校職員宛ての文書って,結構行き届かないんです。
全職員に読んで欲しい文書でも,宛名が担当者様となっていたら
そこでファイルされて,誰も目に触れないこともあるし,
担当者の考えで,回覧した方がいいとなれば用箋挟に回覧票をつけて回されるし,
全職員数分,印刷して配布されるということもあります。
(でも全職員数分印刷配布は,ほぼありません。)
我が校では,司書さんに文書を手渡しして,他の職員は回覧にしました。
職員数20人程度の学校ですが,1週間たっても戻ってきませんでした。
学校の全ての職員宛てに読んで欲しい文書であれば,
少なくとも締め切り1ヶ月は余裕が必要なのが現実です。



 

長崎県SLAホームページ

 投稿者:Yama3  投稿日:2017年 7月13日(木)21時04分52秒
  Chakaさん、やっと長崎県も!という感じですね。せっかくの県大会、文書が学校司書に回っていないようで、寂しいなぁと思っていましたが。このHPをもっとみなさんに知ってもらって、情報を共有したいですね。  

長年の要求がやっと・・・

 投稿者:chaka  投稿日:2017年 7月11日(火)22時13分15秒
  長崎県SLAのホームページがやっと開設。
県大会にギリギリ間に合った(?)ようです。
思えば前々回の大会前から試作品を提出しては
なぜだか無理だと話が進まず6年が過ぎていました。
(↑このように書いていますが今回のホームページは,
 私が作ったものではなく,
 全て県SLA事務局が作成したものです。)
ぜひ,リンク集を見てね。

 

平成29年度長崎県の学校司書配置状況

 投稿者:みいちゃん  投稿日:2017年 6月28日(水)21時57分13秒
   今年も半分が過ぎようとしていますね。。
2年前のような各教育委員会にアンケート用紙を送っての調査ではない
のですが、今年度の小中学校の配置は205名のようです。。
27年度の結果をもとに、その後の様子を知人に電話問い合わせをしただけ
なので聞き漏れがあるかもしれませんが、お気づきの点はお知らせください。

 ◎長崎県内21市町の内17市町に学校司書等の図書館要員を配置。
  学期雇用と通年雇用が混在、複数校掛け持ち勤務も多く、全員が
  非正規雇用。2年前から6名増員になった市もあるが複数校勤務
  なので配置校数は変わらず。統廃合で1校1名減のところもあり。
  ()内は28年度の文科省「学校図書館の現状に関する調査」より。
      ☆小学校 78.9% (73.6%)
      ☆中学校 78.2% (73.0%)
  月に1~2回の訪問という学校を除けば、文科省数値に似たものとなる。


 〇 専任1校勤務 毎日勤務 36名 17.6%
         週4日勤務 42名 20.5%
         週3日勤務 22名 10.7%  専任小計100名
 〇 兼任    2校勤務  36名 17.6%
         3校勤務  41名 20.0%
        4~8校勤務 28名 13.6%  兼任小計105名

  *勤務時間が1日3~7時間、複数校兼務もあり仕事時間が
   確保されているとはいいがたい。

 〇 賃金等 一部確認できなかったところもあるが、
       時給 740~910円(最賃715円)
       月給の場合 108,000~141,000円 位 ?
       昨年10月の法律改正により社会保険に加入できた人もいる。

 まだまだ残念な待遇です。何とか改善したいですね。

 
 

佐藤凉子さんの講師のフォーラム「子どもと本をつなぐ」

 投稿者:りんご  投稿日:2017年 6月18日(日)11時08分30秒
  6月16日の長崎市立図書館多目的ホールでとらねこ文庫主催で開催されました。2日間でしたが、1日と半日参加ですが、楽しかったので報告します。
レジメでお話しのプログラムで整理され理論と実践の話でした。はじめに詩を声を出して朗唱することから始める。
「目の窓あけろ」谷川俊太郎を参加者も声を出して一文ずつ
復誦します。これで子どもたちの様子などわかるそうです。
「サラダで元気」を読まずにお話として聞きました。
参加者の中からお二人が語りをされ、佐藤さんの講評があ
りました。
17日
基本のきは色んな絵本を読んでイメージを育み、語りも豊かになる。語りと絵本を読むことは連動する。自分の中に絵がかけなければイメージは伝わらないとの事です。
①語り②わらべ歌③紙芝居
佐藤さんの語る石井桃子さんの「くいしんぼうの花子さん」は
楽しくおかしみがありました。
「三びきのくま」くまのぼうやの遊び歌
子どもに帰って、参加者のお話なまくらトック 島原の民話ひまんじよくれも楽しみました。
午後のお話を聞かずに残念でした。聞かれた方報告してくだされば良いですね。ボランティアの人たちの多様性に驚きました。これから楽しみですね。
佐藤さんが砂時計の残りが少ないと何度もおっしゃいましたが、私もお話しを増やして行こうかと思いました。
以前10年前ポプラ社で佐藤凉子さんの話を聞いた時はこわい話が多かったのですが、今回はかわいい牛やこぐまの話で
絵本と違いイメージの広がりを感じました。

 

九州大会

 投稿者:chaka  投稿日:2017年 6月13日(火)22時25分57秒
  九州大会の最終案内が出ていました。
研修会のページに載っているので
見てください。
みなさま,行きましょう。
 

総会・研究交流会のご案内

 投稿者:長崎県朝の読書連絡会  投稿日:2017年 6月13日(火)12時02分27秒
  6月18日(日)、諫早市立諫早図書館で長崎県朝の読書連絡会の総会・研究交流会が行われます。メトロ書店の川崎綾子さんの講演も行われます。一般の方も参加できますのでぜひご参加ください。(参加費:無料です)

https://www.facebook.com/asadokunagasaki/

 

chakaさま、有難うございます

 投稿者:くろ  投稿日:2017年 6月12日(月)18時10分4秒
  chakaさま、背中を押してくださって有難うございます!
早速購入リストに加えようと思います。

アマゾン等のレビューを見ていても、
「小学生の子どもにと買ったつもりが、中学生の子のほうが熱心に読んで反応していた」とか
あったりして、ほら見ろやっぱり中学生でもいいじゃないかと思ったり、
でもやっぱりイラスト(ランドセル)が気になったり……、
ずっと気持ちがうろうろしていたので、ひとこといただけて良かったです。決心付きました。

 

レンタル掲示板
/98