teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


長崎県SLA

 投稿者:Yama3  投稿日:2017年 9月19日(火)21時37分42秒
  2年後の九州大会に向けて、意気込みが感じられ嬉しいですね!長崎も札幌みたいに私のような退職者もお手伝いできる体制だといいのですが。私と同時期に早期退職した札幌のK姉さんは、9月の札幌地区大会でも、指導案作りからばっちり関わってました。長崎では現役の地理さんも関わるのが難しいとのことで、若手への引継ぎがうまく行くといいなぁと思います。
この夏はIFLA(図書館国際連盟、122か国参加)ポーランド大会に参加して、楽しく世界の図書館状況を学んできました。たまに世界的視野で図書館を見ることも面白いですよ♪
 
 

よかった

 投稿者:chaka  投稿日:2017年 9月17日(日)23時37分16秒
  平湯先生がお元気で何よりです。
ホームページが1年ほどそのままだったので,
ちょっと心配していたのでした。
・・・という私も,ほとんどホームページを
更新していないのですが・・・
佐世保のフル平湯モデル図書館,完成したらぜひ行ってみたいと思います。

今月末,2年後のSLA九州大会に向けて,長崎県SLAの第1回実行委員会が開催されます。
平成24年度の県大会から合わせて3回実行委員を経験させて頂いているのですが
今年度の大会が終わって,1ヶ月ほどで次の実行委員が招集されるなんて初めてのこと。
意気込みが感じられます。
地理さんがメンバーにいないのは非常に残念ですが,
どんなメンバーが集まっても,参加してよかったと思ってもらえるよう
準備したいと思います。

 

平湯先生のお誘いで

 投稿者:Yama3  投稿日:2017年 9月16日(土)16時24分21秒
  佐世保の相浦支所移転新築工事現場に、小さいけれども図書室があり、(株)AICHIから平湯モデル書架の搬入があるというので、お誘いを受けて出かけて来ました。昨夏の明治大学でのIASLでお会いして以来久々の平湯先生は、相変わらずパワフルでお元気でした。
83歳になるので、昨夏から引きこもって身辺整理をしているのだと強調なさるのですが(笑)
県立大学前の三方の窓から田んぼと山とが見えるのどかな場所の図書室は、フル平湯モデルが入った佐世保では唯一の図書館で、出来上がりが楽しみです。
 

すみません…

 投稿者:地理  投稿日:2017年 9月12日(火)21時49分57秒
  再来年、長崎で開催されるSLA九州大会の準備を手伝ってくれませんかと、次期事務局長さんから依頼されましたが、校長の許可が下りずお断りしました。私にできることであれば、と思うのですが、校長の考えでは、組織とかこれからの計画の大枠も分からない状況で、私の負担がどれくらい増えるか分からないからOKが出せないということでした。うちの学校は来年度も1クラス減で職員が減るので、全職員の負担が確実に増えるから、さらに負担増になることは避けたいと。手伝えなくてすみません。  

愛称募集

 投稿者:chaka  投稿日:2017年 9月 2日(土)22時57分26秒
  県立・市立一体型図書館及び大村市歴史資料館の愛称が募集されています。
10月13日締め切りです。
募集要項のページを貼っておきます。
ぜひご参加を!
http://www.pref.nagasaki.jp/object/shikaku-shiken-bosyu/boshu/300938.html

 

そのリンクは…

 投稿者:地理  投稿日:2017年 8月21日(月)00時05分20秒
  8/17付けの私の投稿に出ているリンクは、どこともつながりません。
2/5付けの投稿の時に、URLをつけていたものが、なぜか残ってしまっていたものです。
消し忘れました。すみません。
 

すぐ行動!ですね。

 投稿者:chaka  投稿日:2017年 8月20日(日)23時57分27秒
  地理さん,みいちゃんさん「調査中」関連情報有り難うございます。
一体誰が調査しているのやら・・・
と思いながら,何年もやり過ごしていたけど,
調べ方を指導する立場にある人なのに,自分で調査すればいい
と気づいていませんでした。反省反省・・・
事務局の方に連絡しておきます。
前回,前々回と原稿はできあがっているのに
研究集録が発行されなかった経緯があるので,
今回の大会こそ研究集録が作成されることを
強く要望していくつもりです。
まずは,そのなかに「研究大会の歩み」が訂正されて掲載されるよう
働きかけていきたいと思います。
 

「調査中」関連

 投稿者:みいちゃん  投稿日:2017年 8月20日(日)22時27分0秒
  地理さんから指摘のあった今年の「長崎県学校図書館研究大会」の冊子は
手元にないので、以前の大会要項を調べてみました。

 第10回大会要項(H20.8.18 於;大村市中央公民館)の「大会のあゆみ」
91Pには第7回大会(S42.11.16~17 14回九州大会と併催 於;佐世保市)
          宮崎康平「疎外された人間と非合理」
     第8回大会(S45.10.30 於;壱岐郡石田町)
          椋鳩十 「劣等感と読書」  との記載があります。
 ところが、第11回大会要項(H22.8.19 於;諌早市)からが<調査中>
となっています。私も一度気付いて事務局の先生に言ったのですが、忙しくて
忘れられたようです。事務局引継ぎの時に訂正したデータを渡せるようになる
といいですね。

 それから、地理さんが紹介してくださったURLをクリックしても、
私のPCでは開きません。どうすればいいのでしょうか?
 

「調査中」

 投稿者:地理  投稿日:2017年 8月19日(土)20時54分18秒
  「長崎県学校図書館研究大会」の大会冊子45ページに掲載されている「研究大会の歩み」で“調査中”となっているところが、ずーっと“調査中”のままなので、私も調査してみました。
結果、つぎのような新聞記事を発見しました。事務局に知らせても、対応してもらえるかどうか心配だったので、ここに載せます。

<見出し>九州・長崎県学校図書館大会
 【佐世保】第十四回九州地区、第七回長崎県学校図書館研究大会は、十六、十七日の両日、佐世保市内で開かれる。
 十六日は午前九時から市民会館で総会。宮崎康平氏の一般講演のあと、午後から八幡小、花園中、北高などの会場にわかれ、教育課程と学校図書館、図書館運営と利用指導、読書指導など二十の分科
会。十七日は各分科会で公開授業、研究討議、特別講演があって閉会。
 長崎新聞 昭和42年11月16日 7面から

<見出し>九州各県から千六百人参加
     佐世保で小中高図書館大会
 【佐世保】第十四回九州地区学校図書館大会は、十六日午前九時から佐世保市民会館に九州各県の小、中、高校の学校図書館担当者約千六百人が集まって開いた。
 ことしは“豊かな人間性を高めるため学校図書館はどうあるべきか”と小、中、高校三部門共通のテーマ。午前中は総会と宮崎康平さんの講演、午後から二十の分科会に分かれ“学校図書館のあり方”について討議した。
 このあと学校図書館を利用した授業状況を小学校は保立、戸ノ尾。山手、光園、中学校は花園、清水、高校部門は佐世保北、佐世保南高で参観して一日目を終わった。二日目の十七日は午前九時から各分科会で研究討議を重ねる。(写真あり)
 長崎新聞 昭和42年11月17日 2面から

<見出し>ねばり強い指導を
     壱岐で学校図書館研究大会
     子供が読書に親しむため
【壱岐】第八回学校図書館研究大会は、三十日午前八時四十分から石田町の石田小講堂で開かれた。この大会は豊かな人間性を育て、教育効果を高めるために学校図書館はどうあるべきか-をテーマに県下の高、中、小学校関係者、PTAなど約八百人が参加、初めて開かれた離島での大会だが盛会だった。
 午前中は公開授業に引き続き、近くの石田中にも分散して八つの分科会を開き①学級における読書指導②学習展開に役立つ図書館の運営③高校生の図書館利用の現状とそのあい路の打開-などの研究討議が行なわれ「読書に対する興味と関心をどう育てるか」の研究発表で、地元芦辺町、芦辺小PTAの柳沢隆さんは「父母と子供が読書を通じて対話がされていない。私の家の場合も四人の子供がおり、上の二人はいくら本を与えても読もうとしない。これは私たち夫婦が仕事が忙しいと、子供と小さいとき一緒に読書する習慣がなかったためです。現在小学一年の子供にはどんなに忙しいときでも読んでやるよう努力し、子供も進んで本を読んでいるようです。子供が読書に親しむ習慣がつくまで親や教師はねばり強く指導することが、読書に興味と関心を植えつける大きな要素ではないでしょうか」と報告、また石田小では、ことし四月から母と子の二十分読書を提唱、部落の有線放送を通じて毎回午後八時「二十分読書の時間です」と呼びかけ、各家庭で関心を集めている-など、身近な体験発表に多くの共鳴を呼んだ。
 午後は零時四十分から総会を開き、郡内小中学校の読書感想文、感想画の入賞者表彰、事業経過報告が行なわれた。
 長崎新聞 昭和45年10月31日 6面から

<見出し>長崎県学校図書館研究大会
 第八回長崎県学校図書館研究大会が来る三十日石田小学校を主会場に県下小・中・高校の関係者百数十人が集って開かれる。
 「豊かな人間性を育て、教育効果を高めるために、学校図書館はどうあるべきか」を主題に、八分科会で研究発表や討議がある。また児童文学者で前鹿児島県立図書館長椋鳩十氏の「劣等感と読書」の講演がある。
 壱岐日報 昭和45年10月28日 1面

諫早図書館、郷ノ浦図書館の方にお世話になりました。
第7回は宮崎康平氏が講演をされたこと、第8回は椋鳩十氏が「劣等感と読書」という題で講演をされたことが分かりました。
もっと前の大会についても新聞記事を見たら載っているかも知れませんが、諫早図書館には昭和40年以前は保存していないようで、調べるならば県立図書館に行く必要があります。
 

終わりました。長崎大会。

 投稿者:chaka  投稿日:2017年 8月17日(木)23時24分12秒
  地理さん書き込みありがとうございます。
(書き込みのリンクが開きません。何かソフトが必要なのかな?)
応援してくださる方々がいてくれるお陰で
SLA長崎大会が無事に終わりました。
およそ180人の来場者があったそうで,
講演会も,全体会も好評だったし,
6つの分科会もそれぞれなかなか評判が良かったと聞いています。
これからアンケート集計,記録のまとめなど忙しい日が続きますが,
2年後の九州大会に向けて,もうひとがんばりです。
とはいえ実行委員のメンバーはかなり高齢化が進んでいます。
20代,30代の若いエネルギーを九州大会にくださいマセ。
本当に講師の先生方はじめ,参加して頂いたみなさん
お疲れ様でした。

 

レンタル掲示板
/99