滅亡日記




35件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[43] ジャコメッティ

投稿者: rien 投稿日:2017年11月 9日(木)13時12分16秒 97.211.49.163.rev.vmobile.jp  通報   返信・引用

やさしい やさしい
ガラスの道
曇っているガラス
どうしたらよいのか
迷うヴィオレット
ひっそりと目立たない足取り
すべてが賭けられている点
無限の愛撫の 性
ガラス 曇っている
ガラスでやさしい 性




[42] (無題)

投稿者: rien 投稿日:2017年11月 6日(月)01時46分49秒 117.125.148.210.rev.vmobile.jp  通報   返信・引用

死は冷たい。だからまだその時ではない。
 存在の皮が剥ける。神はいない。くたびれ果てた不吉さ。お前の暗い骨にもう一度、光は射すのだろうか。わたしはなぜお前を愛していたのか。イレ? ああ、何という、何ということだ。お前の小さな神は、今お前に尋ねている。エウッド。他にも女たちがいたのではないか? それなのに、どうしてあなたは私を選んだのか。

 ひとたび死んでしまえば、いつも欲しいと思っていた色彩を手にすることになるだろう、サフランの紅、掛け値なしの赤、煉瓦とイチゴとセピア色と影と中間色、あなたの側でわたしは気難しく真紅、二人ともお終い、だって死んじゃったのだから、わたしたちの手は大がかりな儀式から離れることができず、わたしの手はあなたの高貴な肉体に触れている、あなたの肉体は生と死の境界を引けそうもない色艶をもち、私の舌には甘美すぎて、日が経つごとにますます甘くなり、純粋な蜂蜜のように、あなたの口がわたしの上に、ハチドリでいっぱい、わたしたち二人はある日に死に、不朽の永遠を得る、人々は井戸が開通したときのように、それに眼を見開くだろう。
(イルダ・イルスト『猥褻なD夫人』)



[41] (無題)

投稿者: tek 投稿日:2017年10月29日(日)21時25分4秒 53.6.138.210.rev.vmobile.jp  通報   返信・引用   編集済

万引きするアリアドネ
エロティシズムは舞台にでる俳優のようになんども死ぬことができる
自殺のように読むこと



[40] 北園克衛

投稿者: rien 投稿日:2017年10月22日(日)23時29分0秒 189.64.239.49.rev.vmobile.jp  通報   返信・引用

汝等は何を’ 写真機をもつて乱酔を’ 夢を’ 消防夫を歌はむとするのであるか? 或ひは何を? 僕はレモン清涼飲料水を僕の為めに要求した・ひとつの湖水’ さうして他のひとつの夢の如く漂流する僕
[TEXTE NOUVEAU PARNASSIEN]



[39] ペソア

投稿者: rien 投稿日:2017年10月22日(日)17時26分32秒 189.64.239.49.rev.vmobile.jp  通報   返信・引用

彼は70以上の名前を使い分け、書いた。



[38] 窓辺のシオラン

投稿者: rien 投稿日:2017年10月22日(日)17時24分56秒 189.64.239.49.rev.vmobile.jp  通報   返信・引用

.



[37] わたしたち

投稿者: rien 投稿日:2017年10月12日(木)22時55分34秒 215.215.49.163.rev.vmobile.jp  通報   返信・引用

.



[36] こころはからだをくぐる、からだはこころをくぐる

投稿者: tek 投稿日:2017年10月 9日(月)16時51分33秒 179.179.138.210.rev.vmobile.jp  通報   返信・引用

おおきなものをあなたは心よりか、あなたの体ひとつで支えることを願ったでしょう。おおきなものを支えきれないあなたはそのせいで、おおきなものがあなたの体を砕いてくれるように願ったでしょう。そのときあなたの心はあなたを越えて、おおきなものになるでしょう。



[35] 母のような、父のような「くるしい」

投稿者: tek 投稿日:2017年10月 9日(月)16時38分58秒 179.179.138.210.rev.vmobile.jp  通報   返信・引用

くるしいと、言えない。くるしいという感情を口にするためには口にできるようなことばがいる。だけれどくるしいという感情はことばにするにはあまりに気分の全体を占めており、時間のあらゆる局所に遍在するため、くるしいという感情はわたしの口にすることばを、いつも追い抜いてしまうのだ。なぜだれかのくるしいという感情はことばとなり、だれかのくるしいという感情はことばにはならないのだろうか。こどもの頃はだれでも、ことばにならないくるしいという感情をもって回っていた。そのうちいくらかのくるしいという感情は、ことばとなり、解きほぐされ、語られるものへと変わる。そのうちのいくらかはあいかわらず、わたしの気分に留まっている。いつか語られるものへとかわる不明瞭なくるしいという感情を体いっぱいにためるわたしたちは、いまは不文明なことばを懐胎した母親のように感じるのだ。



[28] デュラス

投稿者: tek 投稿日:2017年 9月19日(火)16時21分40秒 210.125.148.210.rev.vmobile.jp  通報   返信・引用

私はひとり、でも声があらゆるところで私に語りかけてくる。そこで・・・ この溢れ出すような感覚をほんの少し知らせようとしているの。長いこと、私は、あれを外部の声だと信じていたけど、今ではそう思っていない。 あれは私なのだと思う。


レンタル掲示板
35件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.