teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


御世話になりました。

 投稿者:ヒロ  投稿日:2011年 5月 9日(月)23時23分16秒
  今年も7泊御世話になりました。
天候と海況が割と安定していて、降雨による停滞が1日も無かったのはラッキーでした、霧に少々悩まされはしましたけど。
カレンダーの並びとおが丸のダイヤが合っていて、前半は混雑したものの、後半は若干空いたように感じました(ユースはずっと満員)。
いろいろあって、とても思い出深い年だったと思います。
音骨ライブが1回しか聴けなかったのが心残りですが、やむを得ません。
とても有意義に過ごせました。
来年もまた宜しくお願いします。
 
 

お世話になりました

 投稿者:小林  投稿日:2011年 4月13日(水)20時59分41秒
  9日から3日間お世話になりました。食事がおいしゅうございました。どこか親戚のお家に泊まりにお邪魔したような日々でした。ありがとうございました。  

避難通路

 投稿者:初田  投稿日:2011年 4月 2日(土)20時45分1秒
  津波の際に、いったん海に向かって行かないと避難場所に行けない小学校があったので、避難用の通路や階段を造ってあったおかげで、東日本大震災の津波で人命が失われずに済んだという新聞記事二題であります。

http://www.asahi.com/national/update/0329/TKY201103290249.html
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110320/dst11032020090083-n2.htm


だいぶ前の事ですが、母島ユースのそばに裏山に向かって伸びている階段があったので、登って行ったら走る車がめったにないような砂利道に突き当たっていました。

後で島に住み着いていると思しきヘルパーの方に聞いたら、津波で避難する時にいったん海に向かって降りて行かないと避難所に行けないので造った避難通路で、砂利道を右に行くと津波の時の避難所に指定されている診療所に通じていると言っておられました。ちなみに左へ行くと海軍施設と夕陽スポットを通って都道北進線に合流する道路に通じています。

その砂利道、森の中を通っているの上に街灯が全くないので日没後は懐中電灯が必要になります。
 

ノネコ捕獲事業に雑誌の取材

 投稿者:初田  投稿日:2011年 3月27日(日)20時52分36秒
  小笠原自然文化研究所のURLです。
ねこまち通信の3月10日付の記事に、ノネコ捕獲事業について季刊誌「ねこ」の取材を受けたとありました。
詳しくはこちらをご覧ください。
 ↓
http://www.ogasawara.or.jp/



 

メグロに関する新聞記事が読めなくなったので

 投稿者:初田  投稿日:2011年 3月 6日(日)12時02分21秒
  3月1日に投稿した、ネズミ捕獲用のわなにメグロがかかってしまった東京新聞の記事が読めなくなっていたので、毎日新聞の記事をあげておきます。

http://mainichi.jp/select/science/news/20110228k0000e040011000c.html
 

メグロに関する新聞記事

 投稿者:初田  投稿日:2011年 3月 1日(火)22時38分6秒
  ネズミを捕獲するわなを仕掛けたら、5羽のメグロもかかってしまって死んでしまったという東京新聞の記事です。
 ↓
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011022701000457.html

外来動物の駆除も、その影響がどこまで及ぶかしっかり調べて行わなければいけないということですね。
 

RE:お世話になりました

 投稿者:初田  投稿日:2011年 1月30日(日)19時56分34秒
  ブログを拝見しました。3週間脇目を振らず仕事に没頭した様子が伝わって来ました。いつになるかわかりませんが、母島に行って実物を見てみたいと思いました。

ユースホステルの父さん以外にも、母島には不思議その他が色々とあります。仕事抜きでまた母島を訪ねてみてください。


はみ出し情報その1
小笠原海運父島営業所に母島ファンの方がいらっしゃるようで、小笠原海運のサイトの新着情報に母島の話が載っていることがあります。以前、小富士山頂の三角点が都内最南端の三角点として紹介されて降りましたが、残念ながら別の話題に差し替えられてしまいました。

はみ出し情報その2
1月27日付の今日の母島に、ブログを頻繁に更新する父島のガイドがきていると書かれていました。それらしきブログを探し当ててみたら、なにやら見覚えがある部屋の写真が掲載されていました。
 

お世話になりました

 投稿者:遊工房メール  投稿日:2011年 1月13日(木)11時21分57秒
  先日(12月の3週間)お世話になった者です

母島での仕事を少し紹介してありますので 御高覧下さい

http://pub.ne.jp/myamya/

また 会える日を楽しみに・・・ 謎多きご主人を解明かしきれませんでした・・(後悔)

http://www3.plala.or.jp/yu-ko-bo/

 

地震

 投稿者:初田  投稿日:2010年12月23日(木)21時19分30秒
  22日朝、時計代わりにラジオをつけたら、午前2時20分頃小笠原近海で地震があったとのニュースが伝えられておりました。

小笠原の震度が4とのことで、内地に比べて地震が少ない小笠原で育った子供たちは生きた心地がしなかったと思います。と言うか父さんと母さんもこれは大きいと思ったのではないでしょうか。

津波警報も発令されて、真夜中にもかかわらず避難しければならなくなって大変だったと思います。もう睡眠不足は解消されたでしょうか?
 

タイトル訂正

 投稿者:初田  投稿日:2010年12月 6日(月)22時51分3秒
  昨日12月5日に書き込みをしましたが、とんだ脱字があったので訂正します。

誤:小笠原海運HPリニューアル
正:RE:小笠原海運HPリニューアル
 

レンタル掲示板
/26