teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


今年度納会について

 投稿者:3年主務 根岸諒  投稿日:2018年11月29日(木)23時08分27秒
  平素よりお世話になっております、主務3年の根岸です。
今年度の納会の日程を御連絡させて頂きます。
納会
12/9(日)
昼の部 13:00~15:00@フットステージ
夜の部 19:00~21:00@七輪処 あぶり屋 前橋店
なお、今回2次会は自粛させて頂きます。御理解と御協力よろしくお願い致します。
OB OGの諸先生はご都合がつきましたら是非お越し下さい。
 
 

秋リーグ群馬B1位トーナメント第2回戦 試合結果について

 投稿者:主務補佐 2年 大岩諭史  投稿日:2018年11月23日(金)18時05分9秒
  平素よりお世話になっております主務補佐2年の大岩です。

本日行われました関東医歯薬獣秋季リーグ1位トーナメント第2回戦群馬B対千葉大学Bについて詳細を以下にご報告させて頂きます。

前半
前半を群大が風下かつ太陽が前向きのコートで開始します。不利な状況ですが、前線に主力を固めた千葉Bに対して群大は簡単に叩いきます。序盤から相手を押し込み再三コーナーキックを獲得します。
前半8分MF3年齋藤のコーナーキックを4年DF渡辺がニアでヘディングで合わせファーサイドネットに決めます。その後もMF3年柏原、2年小林、1年吉田でチャンスを作ります。
しかし、先制された千葉大の前線も躍動し始めます。群大は徐々に押され気味になります。前半20分FW4年木村に代わり4年佐々木を投入します。
前半22分相手にペナ角くらいの場所でフリーキックを与えてしまいます。センタリングからのシュートをGKがパンチングするもこぼれ球を押し込まれ群大は同点にされてしまいます。その後も前半24分右サイドからの相手のクロスが直接ファーサイドネットを揺らし、群大は相手にリードを許してしまいます。ここでGK2年大岩に代わり3年牧を投入します。
しかし、その直後相手のドライブ気味にスピンしたシュートがGKの頭上を越え失点してしまいます。

後半
前半と変わり風上の群大は何としても点を取りに行きますが、相手の守備も堅くなかなかゴールを奪えません。
一方、千葉大は後半も攻撃の手を緩めません。群大守備陣もゴール前で身体を張ったプレーで失点を逃れます。
両者譲らない戦況のなか、後半終了間際30分群大はペナルティエリア内で相手にシュートを許してしまうもGK牧が弾き一旦はゴールを逃れますが、そのこぼれ球に透かさず反応した相手に強烈なシュートを打たれ得点を許してしまいます。
群大は最後まで諦めずに千葉大ゴールを目指しますが、奪うことは出来ず1-4で試合終了します。
 

秋リーグ1位トーナメント第2回戦の試合結果について

 投稿者:主務三年 根岸諒  投稿日:2018年11月23日(金)17時12分15秒
  平素よりお世話になっております主務三年の根岸です。
[試合報告]
本日行われました関東医歯薬獣秋季リーグ1位トーナメント第2回戦群大Avs千葉大Aについて御連絡させていただきます。
試合は2-3で敗退しました。
試合の詳細は以下の通りです。

群大Bが千葉大Bに負けてしまった状況で、群大Aは必ず勝とうと気持ちを切り換えて挑みます。
前半
立ち上がりから千葉の猛攻を受けます。ディフェンス陣はシンプルなクリアを徹底し、千葉大の猛攻を凌ぎますが、14分相手の右からのゴール前へのロングパスに対し、キーパーとディフェンス間で交錯し、こぼれたボールをそのまま決められ失点します。さらに26分左からの相手のロングシュートが決まり失点を重ねます。前半は終始千葉大ペースで厳しい時間帯が続きます。終盤にも幾つかピンチを招きますがなんとか追加点を許さず前半を終えます。

後半
失うもののない群大は切り換えて、攻撃に枚数をかけます。後半から代わって入ったFW5年古市を中心に攻撃を仕掛けます。3分FW3年吉山が身体を張ってコーナーキックを獲得します。DF4年鈴木のキックに対し、後半から代わって入ったDF5年斎藤がヘディングで押込み一点を返します。さらに群大はMF5年板垣と鈴木から相手DF裏へロングパスを出し、それに前線の古市、吉山らが反応し多くのチャンスを生み出します。徐々に群大の流れに持ち込みます。19分古市からのスルーパスに吉山が反応し、シュートを打ちますが右ポストに弾かれ得点にはなりません。なんとか追いつきたい群大でしたが、21分DFからのスルーパスに反応した吉山が相手ディフェンスを振り切りシュートを決め同点に追い付きます。 そのまま逆転したい群大でしたが、26分相手にペナルティキックを与えてしまいそれを決められ失点します。群大は最後まで諦めずに相手ゴールを目指しますが決めきれずそのまま試合終了となります。


今日の敗退により、秋リーグは終了しました。群大同士で決勝の舞台に立てるようチーム一丸となって挑みましたが、力及ばず非常に悔しいです。
今大会で得られたものは多くあると思います。同時に新しい課題も出てきました。できた点、及ばなかった点をしっかりと振り返り、今大会の経験を次につなげていけるよう尽力したいと思います。

OB、OGの諸先生方には日頃より応援頂き誠に感謝しております。部員一同さらに強くなれるよう頑張りますので、これからもどうぞ応援の程よろしくお願い致します。
 

秋リーグトーナメントの日程について

 投稿者:主務三年 根岸諒  投稿日:2018年11月19日(月)16時16分20秒
  秋リーグ一位トーナメント二回戦についてご連絡致します。

@赤城総合グランド
11月23日(金)
10:00~ 群馬Bvs千葉B
13:30~ 群馬Avs千葉A
となっております。

チーム一丸となって挑みたいと思います。応援の程よろしくお願い致します。
 

秋リーグ群馬B1位トーナメント初戦 試合結果について

 投稿者:主務補佐 2年 大岩諭史  投稿日:2018年11月18日(日)20時06分15秒
  平素よりお世話になっております主務補佐2年の大岩です。

試合速報
本日行われました関東医歯薬獣秋季リーグ1位トーナメント第1回戦群馬B対慶應薬Aについて以下にご報告させて頂きます。結果は延長なしの1-1でPK戦により8-7で勝利しました。

前半
3週間前予選リーグ1位突破を果たした群大は優勝を目標に何としても1回戦通過を目指します。
序盤から相手は素早いプレスでハードワークします。それに対し群大はDFラインでボールをなかなか落ち着けることができません。大きく蹴って陣地を稼ごうとしますが、思うようなクリアができず、そのクリアボールを相手に拾われるという展開で押され気味になります。
前半25分FW4年木村に代わり4年佐々木を投入します。
前半は厳しい状況のなかMF2年小林の献身的なプレスや5年竹田と4年渡辺を中心としたDFラインとGKで必死にゴールを守ります。目立った決定機を作ることができないまま前半を無失点に終え後半に挑みます。

後半
後半開始直後から相手のコーナーキックが連続し群大は攻め込まれます。しかし、MF小林、4年田村、FW佐々木でそのカウンターを仕掛けますが、ゴールには繋がりません。
後半10分FW佐々木に代わり3年根岸が出場します。次第に群大は普段のペースに戻り始め、相手陣地でのプレーが増えてきます。
しかし後半終了10分前相手のコーナーキックからのボールを弾くことが出来ず、そのままゴールネットを揺らされてしまいます。守備が強固な群馬Bの初の失点となってしまいます。
このままでは初戦敗退となってしまう群大は一層攻撃に厚みをかけ、ボールが繋がるようになります。そうして失点から3分後ゴール前でDF渡辺がドリブルし、密集したなかMF3年柏原にパスをして、それを見事柏原が決め、群大は1-1の引き分けで試合終了します。

PK戦
後攻の群大は強い気持ちで1人も外さず7人目を終えます。8回目相手のPKをGK3年牧がセーブします。その後群大の8人目の2年青木がここで決め切り、群大は初戦の勝利をもぎとります。

群馬A、B両チームが1位トーナメント初戦突破を無事迎えることができ、2回戦へ向けチーム一丸となって挑んでいきます。
 

秋リーグ一位トーナメント試合結果

 投稿者:主務三年 根岸諒  投稿日:2018年11月18日(日)13時42分20秒
  [試合速報]
秋リーグ一位トーナメント第一試合、群馬A対北里薬大学との試合結果について御連絡させていただきます。
試合は3-0で勝利しました。試合の詳細は以下の通りです。

前半
いよいよトーナメントが始まり、負ければその時点で終了という緊張感の中で試合に挑みます。
序盤からFW4年浜崎、MF3年吉山、MF5年板垣が豊富な運動量でプレッシャーをかけ群大のペースをつくります。15分MF1年梅田が入り、サイドで相手にプレッシャーをかけます。20分SB2年藤本がサイドで相手からボールを奪取し、そのまま左サイドを駆け上がりシュートを打ちますが惜しくも枠外となります。6分前CB4年鈴木のクリアボールを前線で吉山がワントラップでループシュートを打ちますが、これもキーパーのファインセーブに阻まれます。そして前半終了間際、スローインを受けた板垣がゴールエリアにクロスをあげ、それを吉山がヘディングで押込み先制します。そのまま前半を終え後半に挑みます。

後半
追加点の欲しい群大は、FW5年古市をはじめ、DF5年斎藤、DF4年田部田、MF3年加藤、SH1年湯浅が入ります。
後半も立ち上がりから果敢に相手ゴールに迫ります。相手も負けられない状況の中、猛攻を仕掛けてきます。10分右サイドの深い位置でフリーキックを打たれますが、バーに守られ失点を免れます。
15分裏へのボールを相手キーパーが処理しようとしますが、それを吉山がカットし、コーナーキックを得ます。そこからキッカー鈴木のボールに合わせた長身MF2年杉山が押し込み追加点をあげます。鈴木と加藤のホットラインでパスを繋ぎ相手を崩し何度もチャンスを作ります。後半試合終盤、湯浅が右サイドでドリブルを仕掛け、弾道の低い速いクロスをあげ、それを古市が押込み三点目を挙げます。

来週すぐに次の試合があるので、切り替えてチーム一丸となって挑みたいと思います。
 

秋リーグ 決勝トーナメントについて

 投稿者:3年主務 根岸諒  投稿日:2018年11月12日(月)13時03分12秒
  日頃からお世話になっております主務3年の根岸です。

18日(日)の秋リーグ決勝トーナメントについて御連絡致します。
11:45~ 群馬A vs 北里薬
15:15~群馬B vs 慶應薬A
@荒牧グランド
となっております。

両チームともベストの状態で試合に挑めるよう、チーム一丸となってしっかり準備していきたいと思います。
応援の程、よろしくお願い致します。
 

秋リーグ予選結果について

 投稿者:主務三年 根岸諒  投稿日:2018年10月29日(月)14時31分26秒
  平素よりお世話になっております主務三年の根岸です。

秋リーグ予選結果について御連絡させていただきます。
群馬Aは他会場の試合結果により、一位トーナメントの進出が決定致しました。
これによって、群馬大学はA、B共に予選を一位で突破することができました。
トーナメントでも良い結果を残せるようチーム一丸となって挑みたいと思います。応援の程よろしくお願い致します。
 

秋リーグ群馬B第3節 試合結果について

 投稿者:主務補佐 2年 大岩諭史  投稿日:2018年10月28日(日)16時09分34秒
  平素よりお世話になっております主務補佐2年の大岩です。

試合速報
本日行われました関東医歯薬獣秋季リーグ第3節群馬B対東京医科歯科大学について以下についてご報告させて頂きます。結果は1-0で勝利しました。

前半
予選リーグ全勝中の群馬Bは今日の試合も勝利を収め、1位突破する意気込みで試合に挑みます。序盤からDF5年竹田と4年渡辺を中心にDFラインとボランチの安定した守備と、FW4年木村の身体を張ったボールを収めるプレーで良いリズムを作ります。
前半15分MF1年吉田がカットしたボールをMF2年小林へ繋ぎ、小林が相手を3人引き寄せた状態で逆サイドのMF3年柏原にゴール前へパスを出します。それを柏原が流し込んで群大が先制します。
前半25分木村に代わり4年佐々木が出場します。前半通して群大はほとんどを相手コートでプレーし圧倒します。

後半
前半とは異なる展開で群大は押され気味になります。しかし竹田と渡辺の堅実な守備、GK牧の好セーブでゴールを凌ぎます。
後半15分右サイドからのクロスにMF4年斉藤の折り返しにFW3年根岸がヘディングで押し込みますが、惜しくも相手GKに阻まれます。その後もMF1年吉田のミドルシュート等で相手ゴールを脅かしますが、どれもゴールにはなりません。
後半25分5年村上に代わりDF1年板坂が出場します。群大はそのまま無失点で抑え1-0で勝利します。
 

秋リーグ第三節試合結果

 投稿者:主務三年 根岸諒  投稿日:2018年10月28日(日)10時52分59秒
  [試合速報]

平素よりお世話になっております主務3年の根岸諒です。

本日行われました秋リーグ対東京歯科大学の試合結果について御連絡させていただきます。
試合は2-0で勝利しました。

試合の詳細は以下の通りです。
前半
群大Aはこの試合結果によって、一位通過も予選廃退の可能性もある難しい状況の中試合が始まります。プレーヤーは目の前の試合に集中していこうと雰囲気を盛り上げていきます。
立ちあがりいつものようにシンプルな攻撃で相手陣地を取りに行きます。幾度も相手ゴールに迫りますが得点にはつながりません。東京歯科大は個の力が全体的に安定しており、群大がミスをするとそれを見逃さずゴールに迫るといった緊張感のある展開が続きます。しかし群大は最後に足を出し得点を許しません。そのまま両チーム無得点のまま前半を終えます。
後半
SH5年古市、SH3年前田、CB4年田部田、MF3年加藤、SB1年石川等五枚を投入し、後半ゴールを奪いに行きます。後半も前線からプレスをかけ相手陣地に攻め入ります。何としても得点を挙げたい群大でしたが、後半開始まもなく古市がペナルティエリア前でMF5年板垣にパスを出し、それを落ち着いてゴールへ流し込み先制します。さらに攻撃の手を緩めない群大は、再び古市が相手DFからボールを奪取するとスルーパスを出し、それに反応したOF3年吉山がきちんとゴールを決め相手を引き離します。
その後も一位通過のために一点でも多く得点したい群大は相手ゴールに迫ります。
何度もチャンスを作りますが追加点は奪えず試合終了となります。

まずは目の前の試合にきちんと勝ちきることができ、一人一人がベストを尽くせたと思います。他会場の試合結果によって、何位通過が決まりますが、二位トーナメント以上は確定です。確定次第追って御連絡させて頂きます。
 

レンタル掲示板
/59